コンフォティスの副作用 | 犬にも猫にも両方使えるノミダニ駆除薬ならコンフォティスがオススメ
ガラスの器に入っている

コンフォティスの副作用

犬にも猫にも使うことができて、速やかな効果でノミもマダニも効果的に予防してくれる魅力があるコンフォティス。
コンフォティスはペットのノミダニ駆除薬の中でも、かなり優秀なものとして数えることができますが、医薬品の一種なので副作用も存在しています。
安全にペットのノミやマダニを予防するためにも、上手にコンフォティスと付き合っていくためにも、副作用にはどのような症状があるのか確認しておきたいところですよね。

コンフォティスの副作用にはさまざまな症状がありますが、多く報告されているのは嘔吐や下痢、食欲不振、元気消失などです。
猫の場合はよだれが出る流延が副作用としてあらわれる場合もあるので、ペットにコンフォティスを与えたときはこういった症状が出る可能性があることをしっかり覚えておきましょう。
コンフォティスに含まれている成分であるスピノサドは、胃や十二指腸を刺激してしまう場合があるので、もっともあらわれる可能性が高い症状は嘔吐になります。
コンフォティスを与えるときに少量のフードやおやつと一緒に与えるようにすれば、副作用を起こしにくくできるので、コンフォティスを使うときは与え方も工夫するようにしましょう。

副作用があると聞いたら不安になってしまう飼い主さんもいるかもしれませんが、コンフォティスは副作用が少ないノミダニ駆除薬の一つでもあります。
より多くの飼い主さんが安心してペットのノミやマダニを予防できるように工夫されているので、安心してペットにコンフォティスを与えましょう。